Bluetoothで接続?ネスプレッソのエキスパートの特徴

ネスカフェは新たなコーヒーメーカーをどんどん出しますね。今回紹介するネスプレッソのエキスパート(NESPRESSO EXPERT)は2017年9月に発売されたモデルで、高級感のあるシンプルな作りが特徴的なコーヒーメーカーです。下の画像を見ると分かる通り、非常に洗練されたデザインなので、惹かれる方は多いようです。

今回はそんなコーヒーメーカー「ネスプレッソ エキスパート」の特徴についてまとめてみたいと思います。価格についても最後に乗せておきますね。

ネスプレッソ エキスパートの特徴

このモデルの最大の特徴は淹れ方を4つのメニューで選べること。リストレット、エスプレッソ、ルンゴ、アメリカーノの4種類です。アメリカ―ノはよりアメリカンチックなコーヒーで量が多めに抽出されます。逆にエスプレッソを選択すると深い味、というか濃い濃厚な味を楽しめるのが特徴です。

さらに設定温度も選択できます。温度は3段階です。あたたかい(75~80℃)、熱い(85℃)、とても熱い(90℃)。この3つに分けて好きな抽出温度を選べるのが便利ですよね。温かいホットなコーヒーをまったり飲むのも良し、逆にとても熱い温度で抽出し、あとでミルクで割るのも良し、と様々なコーヒーバリエーションに対応しています。

Bluetooth機能搭載!

また、もう一つ面白い特徴が、Bluetooth機能です。これは一言で言うとネスプレッソのアプリと連動させることができる優れもの。主にできる機能としては、コーヒーの抽出予約機能、カプセルコーヒーの残りを表示、メンテナンスのお知らせ機能などがあります。

個人的にはネスカフェならではだな、と感じました。というのも今現在のコーヒーメーカー業界で、Bluetooth機能などのアプリと連動させるモデルを推進しているのはネスカフェだけだからです。ネスカフェは独自の道を開き続けることで、また新たなコーヒーメーカーの波を生み出す予感がします。

2017年は無印良品のコーヒーメーカーが大ヒットしました。無印良品の場合は、豆を挽けることも人気の秘密ですが、予約機能がヒットの要因だったと感じます。今回のネスプレッソのエキスパートは予約機能をアプリからでも行えるので、さらに一歩進んだコーヒーメーカーと言えますね。

水タンク容量は1100ml、サイズ幅290㎜×高さ380㎜×奥行225mmで、重量が約4.5kgです。カラーはブラックとグレーがあります。

値段はそこそこ?いや、安いかも…

そんなネスプレッソのエキスパートですが、最後に値段についてまとめておきます。値段は約27000円ぐらいでした。Amazonだと26000円台で買えるかもしれません。(一概には言えない)この価格設定ですが、実に計算されているな、と感じますね。

2017年大ヒットした無印良品のコーヒーメーカーが約32000円でした。3万円を切ればいいな、と思っている人は多かったはずです。今回のネスプレッソ エキスパートは、予約機能をアプリでできるBluetooth機能を搭載しながら30000円を切ってきましたから、今後の動向次第ではさらにヒットしそうな気もします。

果たしてどれほど人気になるのか、注目ですね。もし気になる方はAmazonでもチェックできますのでぜひ見てみて下さい。それではこの辺で。