ドウシシャのポータブルコーヒーメーカーDPCM-18BKとは?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

最近ポータブルコーヒーメーカーが流行っています。ポータブルコーヒーメーカーとはその名の通り、持ち運びできるコンパクトなコーヒーメーカーです。旅行やアウトドア、キャンプなどで重宝するので人気みたい。

という訳で、今回の記事では、2018年3月に発売したドウシシャのDPCM-18BKについての記事です。

DPCM-18BKの特徴

このモデルは2018年3月に発売されたモデルで、別売りのコーヒーカプセルを使って簡単にコーヒーを抽出できる機械です。コーヒーカプセルはK-Cupのモデルを採用しています。

また、驚きの特徴がコーヒー粉も使えるという事。普通、こういうポータブルのモデルはコーヒーカプセルのみ使用できる、という縛りが多いです。ですがこのモデルはあえてコーヒー粉にも対応しているので、使い勝手が良いんですよね。

しかもアルカリ乾電池2本で動きます。旅行先やアウトドアで重宝します。コンセントがない所でも本格的なコーヒーを簡単に味わえるんです。

ただ一つ注意点が。それはお湯を沸かすシステムは搭載していない、という点。つまり、アウトドアに持っていくときは水筒にお湯を入れて持っていかなければなりません。

アルカリ乾電池2本でさすがにお湯は沸かせませんからね。そこが少し勿体ない気がします。せっかくならお湯も沸かせる、コンセントにも繋がるような仕組みにしてほしい気もありますが…。

スペック、付属品等

スペックですが、サイズはΦ76×210mm。450gで、容量は150ml。つまり1杯分です。縦の長さは20㎝弱なので非常にコンパクト。

一人でコーヒーを飲む用なんですね。一人旅行とかで、小さな鞄にこれ一つ入れて旅行したら楽しそうです。アルカリ乾電池は単4電池で別売りになります。

面白いのは分解も自由自在にできること。洗う時にとても楽。収納するときは全て重ねて一つにまとめられるので便利。

一番下の黒い入れ物はコーヒーカップになっています。使う時はコーヒーカップ、しまう時は入れ物の蓋に早変わりです。

まとめ

このモデル、ドウシシャのDPCM-18BKは一人の旅行先で重宝すると感じました。お湯の入った水筒とこのコーヒーメーカーをセットにして登山するのも良さそう。疲れたら景色を見ながらお湯を注いでコーヒーを飲み休憩。最高ですね。(笑)


値段もお手頃価格なので、試しに買ってみる価値はあると思います。

ただ一人用のポータブルコーヒーメーカーは他メーカーも販売していますので、色々チェックしてから買う事をおすすめします。それではこの辺で。おしまい。