ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPの特徴

ラッセルホブスのコーヒーグラインダーがコンパクトで人気のようです。Amazonで調べてみても評判がかなり高いですね。ただ意外と知られていない機種でもあります。今回はそんなラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPの特徴についてまとめてみます。

指一本で簡単に操作できるコンパクトサイズ

このモデルの特徴はコンパクトであること。サイズは幅12.5㎝×高さ21.5㎝×奥行12.5㎝のコンパクトサイズです。それに150Wのハイパワーモデルとなっています。なので豆を挽くのにも指一本で簡単にできるという訳。中挽きであれば60gの豆を約10秒で挽くことができます。

僕も色々なコーヒーミルを使ってきましたが7~8杯分の豆を10秒で砕けるのは、かなりのパワーを感じますね。その分音もうるさいとは思いますけど。

粉をこぼさない設計

またこのラッセルホブス7660JPには挽いた後にも、簡単にコーヒーを淹れられるような作りになっているんです。それがグラインディングボウル。上の右の画像がそれです。ミル本体の中にもう一つ入れ物が入っています。このボウルのおかげでミル本体も汚れず、簡単にコーヒードリッパーへ粉を投入できるという訳。中々の優れものですよね。

この作りのミルの良い所はグラインディングボウルのおかげで片付けが楽なところ。しかもステンレス製を採用しているので粉が付着しづらくサラサラとドリッパーへ流れていきます。

完璧に均一な粉にはならない?

安いコーヒーグラインダーでよく聞く評判ですが、致し方ないです。このラッセルホブスのグラインダーのレビューにも似たような口コミが見られました。「完璧に均一な粉にはならない」という口コミです。しかしながら他の同等のレベルのコーヒーグラインダーも似たような口コミは見られますね。

もし均一な粉にしたいのであれば、砕く途中でいったん止めて軽くコンコンと叩いたりゆすってあげるとだいぶ変わります。一概に言えませんが、安いコーヒーグラインダーには限界があります。スイッチ一つで完璧なコーヒー粉に仕上げたいのであればもう少し高いコーヒーミルを買うほうが現実的です。

まとめ

価格ですが3000円台から4000円台で購入できます。この型式のミルとしては安いほうです。しかも見た目はスタイリッシュでお洒落、シンプルな作りがキッチンに映えます。コストパフォーマンスを求めるのであれば買って損はないと思います。詳しい情報はAmazonのレビューを見るとたくさん出ていますので、ぜひ参考にしてみては。それではこの辺で。